dotfiles を作ってみた

公開日: 2021年2月20日 最終更新: 2021年2月20日 執筆者: watamario15

大学の課題を全て出し終わり、ようやく自分の作業に取り組むことができるようになりました。無事に単位が取れていて、GPA もあれば良いのですが…

色々とやることはあるのですが、まずは dotfiles を作成することにしました。

dotfiles とは

検索すればすぐに分かるのですが、簡単に言うと環境構築を秒速で終わらせるためのファイル群です。Unix 系のソフトウェアの多くはテキストファイルを設定ファイルとして扱うものが多く、それをカスタマイズすることで自分好みに設定することができるようになっています。ここで、そのファイル群とそれを適切に配置したりその他の設定をしたりするスクリプトもセットで GitHub に上げておけば、新しい環境でも git clone してスクリプトを走らせるだけで即座に自分の環境が出来上がる、という訳です。

なお、dotfiles という名前は、設定ファイルの多くが名前がドット (.) で始まる「ドットファイル」であることが由来です。ちなみに、Unix 系システムにおいてドットファイルは隠しファイルとなります。

どんな dotfiles を作ったのか

これが私の dotfiles です: https://github.com/watamario15/dotfiles
機能や使い方などの説明は Readme.md にありますので、気になる方は読んでください。もちろん、install.sh.bashrc とかを参考にしてもらっても構いません(特に alias 周り)。まだまだ未熟ですが、少しずつ成長させて行けたらと思っています(この記事を読んでいる方で、もし「絶対これは設定すべき!」みたいなのがあれば issue 立てたり pull request 出したりして頂けると嬉しいです)。initialize.sh に付けた CASLII/COMETII のシミュレータをインストールする機能、阪大生(だけ)には割と需要ありそうですね(笑)

今回の投稿は以上です。ところで、推薦入試の合格発表があったそうですが、合格した皆さんおめでとうございます!もし合格してサークルを探している、という方で OUCC の活動に興味を持たれた方がいらっしゃれば、ぜひ Discord 新歓サーバー に参加してみてください(もちろん上回生も大歓迎!)。もちろん、これから一般入試だという方も全力で応援します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です